1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. 霞ヶ関キャピタル株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 霞ヶ関キャピタル株式会社

(PDF版はこちら
資本金 4億288万円
設立 2011年9月
従業員数 27名(2019年2月28日現在)
本社所在地 〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-2-1
事業内容 自然エネルギー等による発電事業およびその管理・運営ならびに電気の供給、販売等に関する業務。不動産の売買、賃貸、管理および仲介。ショッピングセンターの運営
URL https://kasumigaseki.co.jp/

当社は「価値の再生」を経営理念として掲げ、「成長性」と「社会的意義」が融合する領域で事業を展開している。創業は、東日本大震災によって被災したショッピングセンターを再生させる事業から始まった。地域との密着を大切にし、大量消費に依存しない「豊かな」生活に役立てる施設づくりを行ってきた。

その後、ショッピングセンターの屋上に太陽光パネルを設置し、自然エネルギー事業を開始した。「エネルギー問題」の解決に向けた取り組みは、豊かな次世代社会を創造するための、われわれの使命であると考えている。今後当社では、日本政府の掲げる2030年度エネルギー・ミックス方針の実現に向け、プロダクトの多様化や、自家消費型発電施設開発にも取り組んでいく。

また、「待機児童問題解決」「宿泊施設不足解消」等による「女性の社会進出」「観光立国」の実現に向け、認可保育園やアパートメントホテルの開発を進めている。アパートメントホテルについては、これまでは東京都内をメインに開発を行ってきたが、今後はエリアを拡大し、各主要観光都市でも開発を進めていく予定だ。日本が抱えている社会問題へのソリューションを提供していくことで、すべての人々にとって住みやすい社会の実現を目指す。

当社とかかわりのあるすべてのステークホルダーとの共創により、事業活動を通じESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みを積極的に進め、地域社会に貢献する企業への成長を志している。

霞ヶ関キャピタルの成長=より良い社会への前進


河本幸士郎
霞ヶ関キャピタル 代表取締役

当社は、再生可能エネルギー施設の開発や、認可保育園、宿泊施設の開発を通じて、「エネルギー問題」「待機児童」「宿泊施設不足」といった日本の抱える社会問題の解決の一助となるべく事業を展開しております。
「私たちにしかできないことを、私たちにしかできないやり方で」。急速に変化し続ける時代のニーズに応えていくため、当社がこれまで培ってきたノウハウやネットワークを活かし、私たちにしか生み出せない価値を提供してまいります。また、昭和・平成の時代で培ってきた日本の価値を、令和となった新たな時代に、アジアを皮切りに世界へと発信し、新しい価値創造への懸け橋となることを目指してまい進いたします。
経団連会員の皆様には、何とぞご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

「2019年7月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら