1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. 株式会社クロスフォー

月刊 経団連 新会員紹介 株式会社クロスフォー

(PDF版はこちら
資本金 683百万円(2019年1月31日現在)
設立 1987年8月
従業員数 112名(連結。2019年1月31日現在)
本社所在地 〒400-0043 山梨県甲府市国母7-11-4
事業内容 ダンシングストーンを用いたジュエリー・アクセサリー製品の製造販売、海外向けパーツの製造販売
URL https://crossfor.co.jp/

「宝石の街」としても知られる山梨県甲府市に、クロスフォーの前身となる土橋宝石貿易が誕生したのは、1980年。当時、日本はバブル景気に沸き、事業は順調に推移していたが、その後の日本宝飾市場は低迷が続いた。当社は、このまま宝石の輸入販売だけに頼っていては存続の危機を迎えると考え、自ら新たな市場をつくるべく商品開発に着手した。

3年の年月をかけて、1999年に、光のリフレクション効果で宝石のなかに十字の輝きを持たせる「クロスフォーカット」を開発。続く2010年、人間のわずかな動きを振動エネルギーに変えて宝石が揺れ続ける石のセッティング方法「ダンシングストーン」を開発した。どこにもまねできない当社独自の商品として、いずれも国内外において特許を取得している。

国内ではOEMを中心とした完成品、海外ではパーツの製造販売を行い、「ダンシングストーン」は世界中で愛されるまでに成長している。そうしたなか、すべてのジュエリーに欠かせない留め金具の新開発に成功。圧倒的な商品力で世界を大きく変える可能性を秘めた留め金具「EZ Clasp」で、世界シェア50%を目指す。

当社は、他社と差別化することで他社とも共生するとともに、さまざまな業種とコラボレーションすることで日本経済全体の活性化を目指している。

挑戦と共生で百年企業を目指す


土橋秀位
クロスフォー 社長

当社は来年で創業40周年を迎えますが、複数の特許技術開発など、振り返ってみると挑戦の連続でした。自分で言うのは気恥ずかしいものの、この挑戦し続ける原動力は「人の笑顔が見たいから」にほかなりません。これからは、自分たちだけがもうかればよいという考えでは生き残れない時代です。
会社は成長するにつれて個人の手から離れて地域・社会のものへと発展し、その恩返しとして社会貢献をするものだと私は考えます。業種を問わず共生し、良い商品をつくり続けることですべてのステークホルダーを笑顔にする。そして、1つでも多くの社会貢献ができるように経団連の活動を通して学んでまいりますので、皆様の温かいご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

「2019年7月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら