1. トップ
  2. Action(活動)
  3. 週刊 経団連タイムス
  4. 2019年6月13日 No.3411
  5. 「Society 5.0 for SDGs」の実現に向けて経団連・東京大学・GPIFの共同研究をスタート

Action(活動) 週刊 経団連タイムス 週刊 経団連タイムス 2019年6月13日 No.3411 「Society 5.0 for SDGs」の実現に向けて経団連・東京大学・GPIFの共同研究をスタート

國部副会長(中央)と五神東大総長(右)、髙橋GPIF理事長(左)

経団連は6月10日、東京大学・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)と、「Society 5.0 for SDGs」の実現に向けて、「Society 5.0」と「ESG(環境・社会・ガバナンス)投資」とを結びつけるべく共同研究を行うことに合意し、経団連から國部毅副会長、東京大学から五神真総長、GPIFから髙橋則広理事長が出席し、共同記者会見を行った。共同研究の趣旨は次のとおり。

■ 共同研究の趣旨

経団連では、デジタル革新とサステナビリティーが融合した日本発のコンセプト「Society 5.0 for SDGs」の実現を推進している。また投資家サイドでは、投資とサステナビリティーが結びついた「ESG投資」への関心が急速に高まっており、責任投資原則(PRI)に署名する機関は約2400、その総運用資産額は約6600兆円以上ともいわれている。

こうした状況を踏まえ、今般、経団連、東京大学、GPIFの3者が連携し、「『Society5.0の実現』と『ESG投資』を結びつけ『SDGsの達成へ』とつなげる」共同研究を立ち上げることとした。その目指す方向は、6600兆円以上といわれるESG投資により、Society 5.0推進企業の取り組みを後押しし、革新的・破壊的イノベーションと持続的な企業価値の向上を一層加速させ、2030年のSDGsの達成を迅速かつ確実なものにすることである。Society 5.0とESG投資を車の両輪として、SDGsを達成することを目指す。

【ソーシャル・コミュニケーション本部】

「2019年6月13日 No.3411」一覧はこちら

「週刊 経団連タイムス」一覧はこちら