1. トップ
  2. Action(活動)
  3. 週刊 経団連タイムス
  4. 2019年4月25日 No.3406
  5. エネルギー基本計画を踏まえた今後の政策展開について聞く

Action(活動) 週刊 経団連タイムス 週刊 経団連タイムス 2019年4月25日 No.3406 エネルギー基本計画を踏まえた今後の政策展開について聞く -資源・エネルギー対策委員会

経団連は4月10日、東京・大手町の経団連会館で資源・エネルギー対策委員会(加藤泰彦委員長、市川秀夫委員長)を開催し、資源エネルギー庁の小澤典明資源エネルギー政策統括調整官から、昨年7月に閣議決定された第5次エネルギー基本計画を踏まえた今後の政策展開について説明を聞いた。概要は次のとおり。

■ レジリエンスの強化

基本計画策定後の状況変化として、2018年に多くの災害を経験したことが挙げられる。特に北海道胆振東部地震に伴うブラックアウト(大規模停電)によって、安定供給の重要性が再認識された。あらためて言うまでもなく、エネルギー政策の根幹は、安全性を大前提に、安定供給、経済効率性、環境性をバランスさせること(3E+S)であり、3Eのなかでも安定供給を第一とすることは従来からの政府方針である。昨今の災害を受け、今後はさらなる安定供給の確保、レジリエンスの強化に、重点的に取り組んでいく。

■ 再生可能エネルギーの主力電源化

東日本大震災後、固定価格買取(FIT)制度によって電源構成に占める再生可能エネルギーの割合は大きく上昇した。しかし、2030年度のエネルギーミックスが掲げる22~24%を達成するには、水力以外の再生可能エネルギーをさらに倍増させる必要がある。一方、賦課金による国民負担はすでに2.4兆円と、消費税1%相当にまで増大している。

基本計画で再生可能エネルギーを主力電源化する方針を示して以来、単に数値目標の多寡を論じるのではなく、コスト、安定供給、廃棄物対策といった課題の解決策について真面目に議論できる環境が整ってきた。送配電網の対策も含め、総合的に施策を展開したい。

■ 原子力技術・人材の確保

原子力は、東日本大震災から8年が経過するなかで一歩ずつ前に進んでいるものの、再稼働に時間を要し、技術・人材基盤の確保に懸念を生じている。スリーマイル島の事故後に原子力産業基盤が脆弱化した米国の二の舞いを演じないためにも、安全性が確認された発電所の着実な再稼働や開発の方向性の検討等に取り組んでいく。

■ 脱炭素化に向けたイノベーション

基本計画では脱炭素化への挑戦を打ち出したが、化石燃料が日本と世界にとって重要な資源であり続けることに変わりはない。2050年とその先を見据え、カーボンリサイクルや水素等の技術開発・コスト低減を進めるなど、CO2排出量をネットゼロに近づけるための取り組みを積み上げていく。

■ 今後の政策展開にあたって

エネルギー政策の遂行にあたっては、足元のアクションプランの着実な実行はもちろんのこと、長期的視野を持って政策をつくっていくことが重要である。

経済界の意見も聞きながら、国際動向を踏まえて取り組んでいく。

【環境エネルギー本部】

「2019年4月25日 No.3406」一覧はこちら

「週刊 経団連タイムス」一覧はこちら