1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. 株式会社三東工業社

月刊 経団連 新会員紹介 株式会社三東工業社

(PDF版はこちら
資本金 8億4,950万円
設立 1954年7月
従業員数 81名(2017年4月1日現在)
本社所在地 〒520-3022 滋賀県栗東市上鈎480
事業内容 土木、建築、舗装、各工事の総合請負、設計監理、不動産取扱
URL http://www.santo.co.jp/

当社は1954年に滋賀県で創業以来、林道工事に始まり農地造成、道路、橋、ダムなどの土木工事や、店舗、マンション、工場などの建築工事を展開し、地域社会の発展に60余年貢献してきた総合建設会社である。また、地下技術部門では、特殊工法を用いて羽田空港やグランフロント大阪の地下基礎工事など、全国的に大規模工事の施工に携わっている。

一方で、建設業界においては、若年層の建設業界離れや少子化の影響により、建設従事者の人手不足や高齢化は深刻な課題となっている。このような状況のなか、当社は「土木・建築の仕事をやってみたい!」との意欲を持つ次世代の担い手を、文系・理系、男女を問わず受け入れ、OJTを通した専門知識の修得や資格取得等の支援体制とあわせて、ワーク・ライフ・バランスを重視した働きやすい環境を整えている。

近年は、新たな木材製品として、一定の寸法に加工された板材を繊維方向が直交するように積層接着したCLT(直交集成板)に注目している。CLTは多くの木材を必要とするため、間伐材や成熟した木を伐採して使用することで、若くて元気な新しい木が育つ環境を整えることができる。これにより低炭素社会の実現に貢献するとともに、建築構造材として有効利用を図ることを通じて、森が生きるサイクルを手助けしている。今後もCLTが表現できる力強さ、温かさ、柔らかさを最大限に活かした建築事業の拡充に努め、さらなる成長を目指していく。

人を敬い技術を研鑽していく


奥田克実
三東工業社 社長

「技術を社会に 笑顔をあなたに」というキャッチフレーズは、当社が所在する滋賀県発祥の近江商人の理念に通ずるものがございます。近江商人の経営理念「三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)」という考え方から生まれました。社風の根底にはこの「三方よし」と同様の理念が息づくからこそ、環境に配慮し、自然との共存を図る工事のサービスが提供できていると自負しております。これからもこの理念を決して忘れることなく、時代に順応するしなやかさを持ち続けながら、地域社会に貢献してまいります。
経団連会員の皆様には、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、何とぞよろしくお願い申しあげます。

「2017年9月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら