1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

(PDF版はこちら
設立 2015年7月
従業員数 非公開
本社所在地 〒141-0021 東京都品川区上大崎3-1-1
事業内容 クラウドサービス事業のサポート、マーケティング、コンサルティングおよびトレーニング
URL https://aws.amazon.com/jp/

AWS(アマゾン ウェブ サービス)は、アマゾンの1つのビジネスとして2006年にスタートしたクラウドサービス事業で、新興企業から大企業、公共機関、教育機関まで数百万の顧客に利用されている。

クラウドサービスとは、コンピューティング、データベース、ストレージ、アプリケーションをはじめとしたさまざまなITリソースを、インターネット経由で、オンデマンドで利用できるサービスの総称である。初期投資が不要で従量課金制なため、コスト削減が期待できるうえ、リソースの調達、メンテナンス、容量の使用計画といった作業も不要で、資金や人材といった企業にとって重要なリソースを、実際にビジネスに付加価値をもたらす部門に充てることが可能になる。

2019年1月現在、60のデータセンター群が20の地域に設置されており、毎年増加している。

日本では、2009年8月にデータセンター運営やマーケティング、カスタマーサービス、コンサルティングおよびトレーニングを行うため、アマゾン データ サービス ジャパンを設立。2015年7月にデータセンター運営以外の業務を担うアマゾン ウェブ サービス ジャパンを設立し、日本におけるクラウドサービス事業の発展に注力している。

2011年に東京、また、2018年には大阪にそれぞれデータセンター群を開設し、日本国内でも数十万の顧客に利用されている。さらに2018年10月には、「挑戦をカタチにする場所」として、開発者と起業家向けスペースであるAWS Loft Tokyoを東京に開設した。サンフランシスコ、ニューヨークに続いての設置となる。

企業のさまざまな挑戦をテクノロジーで支援する


長崎忠雄
アマゾン ウェブ サービス ジャパン 社長

クラウドコンピューティングという新しいかたちのテクノロジーがこの世に登場してから十数年がたちました。アイデアさえあれば、新たなサービスやビジネスをすぐに実現できる環境が浸透してきたことをうれしく思います。すでに日本においても、さまざまな業界で、たくさんの革新的なサービスやビジネスが誕生しています。
「地球上で最もお客様を大切にする企業」という理念のもと、お客様のイノベーションを迅速に実現する革新的な技術を提供し、皆様の挑戦をかたちにするお手伝いを通じ、日本経済の発展にも寄与していきたいと思います。

「2019年4月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら