1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. 田中建設工業株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 田中建設工業株式会社

(PDF版はこちら
資本金 2億9,715万円
設立 1982年2月
従業員数 75名(2019年3月31日現在)
本社所在地 〒105-0004 東京都港区新橋4-24-11
事業内容 建物解体工事ならびに関連付帯事業
URL http://www.tanaken-1982.co.jp/

当社は、1982年に設立された建築構造物の解体工事専業者である。付帯する土木工事・アスベスト除去・土壌地下浄化・PCB(ポリ塩化ビフェニル)除去等もワンストップで受注・施工できる工事の施工管理会社である。工事現場の“見える化”に注力するとともに、施工管理・安全管理・近隣対応等に業務を集中し、お客様へ“安全・安心”をお届けすることを第一として追求してきた。

社内の営業職は部長以下すべて現場を経験した社員であり、37年以上にわたって培ってきたノウハウを活かし、お客様のニーズ・相談に応えるべく、主に“提案型営業”をベースとしたスタイルの営業を行っている。

「『子供たちに何が残せるか』を常に考え、明日のために、今日出来ることを実行し社業を通じて人にやさしい環境づくりに貢献します。」を企業理念とし、「思いやり・信頼・感謝」を経営理念として業務を行っている。解体事業を環境ビジネスの一環ととらえ、解体を通じて「都市再生」の先陣を担うという気概を持って業務にあたり、持続的な業容の拡大を目指している。

事業を通じて、お客様へ最適な工法を提案するとともに技術力の向上と技術開発に努め、お客様の“安全・安心”のニーズに応え、コンプライアンス経営を常に重視していく所存である。

都市再生ビジネスを推進し、エコ社会の実現に貢献


釆澤和義
田中建設工業 社長

2016年6月に建築基準法が改正され、“解体工事業”が新設されました。戦後の高度成長期に建築された構造物の“維持更新時代の到来”、すなわち今後の解体市場の継続的拡大を背景としております。当社は、設立以来37年以上にわたり専業として行ってきた解体工事業を通じて、拡大が見込める「建替・再開発」等の都市再生ビジネスの推進者、そして、解体スペシャリストとしてのコンサルタントとして、プロジェクトヘの関与を積極的に行い、エコ社会の実現と、社業の持続的発展を通じて社会に貢献することを使命と考え、役職員一同今後一層の努力をしてまいります。
経団連会員の皆様には、何とぞご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

「2019年10月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら