1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. ブロードリーフ

月刊 経団連 新会員紹介 ブロードリーフ

資本金 71億2,445万円
設立 2009年9月
従業員数 828名(2013年9月末現在)
本社所在地 〒140-0002 東京都品川区東品川4-13-14 グラスキューブ品川8階
事業内容 自動車アフターマーケット事業者の業務を支えるITプラットフォーム上でのサービス提供(業務アプリケーション、自動車関連コンテンツの開発、異業種間連携プラットフォーム、リサイクル部品マーケットプレイス等)
URL http://www.broadleaf.co.jp/

2013年3月22日に東京証券取引所市場第一部に上場した当社は、市場規模約12兆円の自動車アフターマーケット(自動車を購入してからの、給油、自動車アクセサリーの購入、車検、点検、部品交換、車の売却、廃棄処理などの市場)を中心とした多業種に広がる事業者の皆様に、業務支援や事業創造につながるITサービスを提供しており、お客様の数は3万社に及ぶ。

お客様である整備・鈑金事業者等の業務に不可欠なデータベースや共通のネットワーク技術を利用した「.NSシリーズ」を中心とした業務アプリケーションを提供。さらに、そのネットワーク上でやりとりされる受発注情報などの膨大なデータ(ビッグデータ)を分析して提供するなど、ビジネスの情報基盤(産業プラットフォーム)にかかわるさまざまなサービスを通じてお客様のビジネスを支援している。

今後は、国内において当社の顧客店舗へのカーオーナーの来店を支援する、「街のカーウンセラー」をキャッチフレーズとした新たなB2B2C(注)のマーケティング戦略の推進など、カーオーナーとの接点を増やし、自動車アフターマーケットの産業プラットフォームの拡大を図るとともに、新規ビジネスのチャンスを広げていく。

また海外では、自動車アフターマーケット市場の拡大が見込まれる中国に合弁会社を設立しており、早期の事業着手へ向けて準備を進めるとともに、ASEAN諸国への事業拡大にも取り組んでいく。

(注)B2B2C:Business to Business to Consumer の略。企業が、別の企業の消費者向け事業をサポートすること

豊かなカーライフの実現に向けて


大山堅司
ブロードリーフ 社長

ブロードリーフの社名の由来は、土壌に支えられている広葉樹です。広葉樹が葉を落として土壌を豊かにするように、当社もこれまでお客様にサービスを提供するなかで蓄積されたノウハウなどの情報を産業界に還元する。そのような循環をつくり出す企業となるべく、当社は、「感謝と喜び」を企業理念に、お客様とともに繁栄するビジネスを進めております。
また、当社の事業を通じて自動車アフターマーケットの活性化に寄与することはもちろんのこと、最終的にはカーオーナーの皆様に喜んでいただける、豊かなカーライフの実現に向けて、広く社会に貢献してまいりたいと考えております。
経団連会員の皆様には、何卒ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申しあげます。

「2013年12月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら