1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 2014年
  4. 1月号
月刊 経団連

月刊 経団連2014年1月号

特集 新たな市場の創造を通じた成長の実現

巻頭言

経済の好循環の実現と日本経済の再生に向けて

米倉弘昌 (経団連会長)

わが国経済は、安倍内閣による一連の経済政策が功を奏し、底堅い消費など、内需に牽引されるかたちで回復を続けている。雇用者数はこの1年、増加傾向にあり、完全失業率、有効求人倍率ともに改善している。こうした明るい動きは、地方にも広がりつつある。

続きを読む

特集

新たな市場の創造を通じた成長の実現

今、成長を牽引する主体である企業には、世界経済の持続的成長と豊かな国民生活を実現する「構想力」と「実行力」が求められている。政府の成長戦略の着実な実行のもと、企業は自らも、イノベーション創出に取り組み、新たな製品やサービスを市場に出し続ける必要がある。また、それを通じて、国の内外に山積する社会的課題の解決に貢献しなければならない。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを一つの目標として、成長の機会をどのようにつくり出していくかを議論する。

座談会:新たな市場の創造を通じた成長の実現

  • 川村 隆 (経団連副会長/日立製作所会長)
  • 三浦 惺 (経団連副会長/日本電信電話会長)
  • 小島順彦 (経団連副会長/三菱商事会長)
  • 中村芳夫 (司会:経団連副会長・事務総長)

PDF形式にて全文公開中

川村 隆 (経団連副会長/日立製作所会長)
安倍政権によって打ち出されたさまざまな施策の効果が着実に表れており、ようやく「日本経済が再生する」という雰囲気が出てきた。アベノミクスの「第三の矢」である成長戦略が重要となる段階を迎え、経済界の役割はますます大きくなっている。日本が国際社会における発言力を保つためにも、官民が一体となって持続的な経済成長を実現させなければならない。2014年は、そのスタートの年となるだろう。

三浦 惺 (経団連副会長/日本電信電話会長)
2013年は、アベノミクスに対する期待感から円安・株高につながり、その後、実体経済も上昇軌道に乗ってきた。第四の矢ともいわれる、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催決定という明るいニュースもあった。一方で、東日本大震災からの復興は、いまだ道半ばと言わざるを得ない。被災地の復興、地方経済の再生なくして、日本経済の成長はあり得ない。2014年を持続的な経済成長へつなげる年にするために、企業も挑戦する気概を持って取り組んでいきたい。

小島順彦 (経団連副会長/三菱商事会長)
安倍政権発足後、政治に安定感が出てきたこともあり、海外から「日本経済の復活」を期待する声が高まっている。世界の発展のためにも日本の貢献が期待されている。日本が抱える積年の課題を克服し、新たな市場の創出に取り組む必要がある。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年をマイルストーンとし、2014年は、TPPをはじめとする国際ルールづくりへの参加、国内の規制改革、科学技術力の強化など、政府と連携しながら、民間の活力を発揮すべき重要な年に位置付けなければならない。日本経済再生に向けて、経団連の果たす役割は大きい。

中村芳夫 (司会:経団連副会長・事務総長)
安倍政権は消費税率の8%への引き上げを決断するとともに、5.5兆円程度の経済対策を取りまとめるなど、経済の活性化に向け、さまざまな施策を講じている。日本経済の持続的成長と豊かな国民生活を実現するには、政府の対応に呼応し、成長を牽引する主体である企業が、構想力と実行力をもって、グローバル化の推進やイノベーションの加速、国内の新たな需要の掘り起こしなどに取り組む必要がある。

  • ●2014年をどのような年にしていくか
  • 「経済再生」を実現する環境が整った
  • 政策を有効に活用し、挑戦する気概を持って取り組む
  • 日本復活への世界からの期待の高まり
  • ●イノベーションの創出による新たな価値や市場の創造
  • ICTの活用が課題解決とイノベーション創出の鍵
  • グローバル・バリュー・チェーンを構築する
  • 国内インフラの再構築と海外への供給に取り組む
  • ●日本企業の国際競争力強化に向けた政策への期待
  • 課題の克服は新たな市場を創出するチャンス
  • グローバル化への対応が日本企業・日本社会の課題
  • 地方経済の活性化なしに日本経済の再生はあり得ない

総合力世界ナンバーワンの鉄鋼メーカーへ
 友野 宏 (新日鐵住金社長)

  • 技術先進性の発揮
  • 世界最高水準のコスト競争力の実現と最適生産体制の構築
  • グローバル戦略の推進
  • グループ会社の体質強化
  • 総合力世界ナンバーワンの鉄鋼メーカーに向けて

中長期を見据えた成長戦略
 大八木成男 (帝人社長)

  • 自社の特徴、強みを環境変化に適応
  • 「安心」「安全」を確実にお届け

高齢化が進む社会でノーマライゼーションのために尽くし続ける
 高原豪久 (ユニ・チャーム社長)

  • ノーマライゼーションとは
  • ユニ・チャームのコーポレート・ビジョン「NOLA&DOLA」
  • 明るい超高齢社会に貢献する
  • 日本流排泄ケアをアジアを中心とした世界へと普及させる

バランスの取れた事業ポートフォリオの構築に向けて
 田中孝雄 (三井造船社長)

  • 事業環境の変化
  • 事業構造の変革
  • 新たな成長機会の創出
    ~次世代海洋資源開発

日本の成長戦略に貢献する新たなイノベーション
~「バリュー・ネットワーキング」構想
 木川 眞 (ヤマトホールディングス社長)

  • 物流改革のエンジン
  • ネットワーク改革

農業の成長産業化に向けたICTを利活用した取り組み
 清水隆明 (日本電気取締役執行役員常務)

  • 攻めの農業へ
  • 経験と勘に基づいた農業からの脱却で課題解決を

産業創出を加速する桁違いの情報基盤
~超広帯域化と映像高度化が育む豊かな社会と生活文化
 島田啓一郎 (ソニー業務執行役員SVP)

  • 「コミュニティー共感」価値そして「共生」価値へ
  • 次世代映像がもたらす豊かな顧客体験
  • 超広帯域インターネットが新産業を加速
  • 「スマホ断食」を回避せよ

成熟産業から成長産業へ
~新たな人材の流動化が新たな成長機会を創出する
 水田正道 (テンプホールディングス社長)

  • 人材流動化は成長を後押しするキーファクター
  • 女性の社会進出には企業の文化が重要
  • 世界視点での人材の流動化を

次世代のウォータービジネス機能水「電解水素水」
 森澤紳勝 (日本トリム社長)

  • 予防医療
  • ウォーターヘルスケアという新習慣
  • 医療・農業・工業分野で新事業創出
  • 日本発の技術で世界へ

機能性アイウエアで一兆円市場をつくり出す
 田中 仁 (ジェイアイエヌ社長)

  • 視力矯正器具からファッションアイテムへ
  • 眼が悪くない人もかけるメガネ、JINS PC®

地方から日本を元気にする
~「ICT街づくり推進会議」の取り組み
 岡 素之 (住友商事相談役)

  • 地域の課題解決に向けたまちづくり
    • 塩尻市でのセンサーの利活用による鳥獣被害対策
    • 豊田市のあすけあいカード

「守る」から「つくる」へ
~求められるルール戦略
 青木高夫 (本田技研工業総務部部長)

  • 欧州のルール戦略
  • 強みの喪失
  • 日本人のルール感
  • ルールづくりも仕事の一部

真のグローバル化と新たな市場創造のための知財・標準化戦略
 江藤 学 (一橋大学イノベーション研究センター特任教授)

  • 外向きのオープンイノベーションで仲間づくり
  • 標準化は日本発にこだわらない
  • 知財環境の変化に対応する

経済成長の実現に向けた中小企業政策のあり方
 坂本光司 (法政大学大学院政策創造研究科教授)

  • 赤字企業の増大は景気と相関しない
  • 中小企業のあるべき姿の明示を

ページ上部へ戻る

一般記事

【提言】
クルーズが切り拓く観光立国の新たな可能性

~「クルーズ振興に向けた提言」の公表にあたって
http://www.keidanren.or.jp/policy/2013/095.html
 大塚陸毅 (経団連副会長・観光委員長/東日本旅客鉄道相談役)
 山口範雄 (経団連審議員会副議長・観光委員会共同委員長/味の素会長)

  • 今求められる高いレベルの観光立国の実現
  • クルーズが切り拓く観光立国の新たな可能性
  • 「クルーズ振興に向けた提言」のポイント

COP19を振り返って
~国際枠組構築に向けた成果と今後の課題
 坂根正弘 (経団連副会長・環境安全委員長/小松製作所相談役)

  • COP19における主な成果
  • 日本の温室効果ガス削減目標等に対する現地の反応
  • 経団連の現地での主な活動と具体的成果
  • リマCOP20に向けて日本産業界が取り組むべきこと

90年度比CO2排出量12.1%削減(2008年度~2012年度平均)を達成
~環境自主行動計画〔温暖化対策編〕 2013年度フォローアップ結果および総括評価
http://www.keidanren.or.jp/policy/2013/101.html
http://www.keidanren.or.jp/policy/2013/102.html
 天坊昭彦 (経団連環境安全委員会共同委員長/出光興産相談役)

  • 産業界が自らの責任で取り組む自主行動計画
  • たゆまぬ努力で目標大きく上回る成果
  • 「低炭素社会実行計画」への進化

連載

  • 輝く日本の女性たち (3)
    女性活用の変遷のなかで模索した自分自身のキャリア
    松浦民恵(ニッセイ基礎研究所生活研究部主任研究員)
    • 均等法施行と企業の取り組み
    • 両立支援制度の整備
    • 「両立支援」と「均等」の両輪駆動
    • 女性の育成のあり方の見直し
  • 震災復興の現場から (6)
    震災復興の現場から見た現状と課題
    ~事業コスト縮減と土砂の効率的運用
    加地武志(復興庁岩手復興局)
  • あの時、あの言葉
    お前がやらずに誰がやる
    伊奈功一(ダイハツ工業会長)
  • エッセイ「時の調べ」
    新しい歌舞伎座
    渡辺 保(演劇評論家)
  • 翔べ!世界へ―奨学生体験記
    留学が可能にしてくれた生態経済学との出会い
    堀江哲也(長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科准教授)

新会員紹介

「月刊 経団連」一覧はこちら