1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 2014年
  4. 9月号
月刊 経団連

月刊 経団連2014年9月号

特集 動き出した榊原経団連

特集

動き出した榊原経団連

榊原会長に聞く~技術の力で新しい社会の創造を/各界からの寄稿-榊原経団連への期待

対談:榊原会長に聞く~技術の力で新しい社会の創造を

  • 榊原定征 (経団連会長)
  • 藤沢久美 (聞き手:ソフィアバンク代表)

PDF形式にて全文公開中

  • 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて
  • イノベーション(技術革新)こそが日本経済の生命線
  • 「イノベーション・ナショナルシステム改革」に期待する
  • 新たな成長の実現に向けた基盤整備のために
  • 女性の活躍推進に向けて、自主行動計画を提出する
  • アジア・太平洋の成長を支援し、その成長をシェアする
  • グローバル人材、イノベーション人材の育成を

各界からの寄稿-榊原経団連への期待

日独企業が協力して市場の開拓を
 ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン (駐日ドイツ大使)

企業の発展と市民の潜在能力発揮の推進を
 アンヘル・グリア (経済協力開発機構(OECD)事務総長)

榊原新体制に寄せる期待
 マリア・ファン・デル・フーフェン (国際エネルギー機関(IEA)事務局長)

日英のさらなる連携強化を
 サー・マイケル・レイク (英国産業連盟(CBI)会長)

2015年サミットに向けより緊密な連携を
 ウルリッヒ・グリロ (ドイツ産業連盟(BDI)会長)

東アジア経済協力の基盤の拡大に向けて
 許昌秀 (全国経済人聯合会(全経聯)会長)

フランスと日本の産業界の力強い協力関係の構築を
 フレデリック・サンチェス (フランス企業運動(MEDEF)国際貿易委員長)

パートナーシップの再定義
― 数十年先の未来に向けて
 ジョン・ハムレ (米戦略国際問題研究所(CSIS)所長)

産業と学術の連携を日本の底力へ
 濱田純一 (東京大学総長)

イノベーション創出の先導を期待
 奥村直樹 (宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事長)

日米両国の技術協力および発展と大胆なイノベーションの推進を
 W・ジェームズ・マックナーニ (ザ・ボーイング・カンパニー会長、社長兼CEO)

国内市場は宝の山
 吉川 洋 (東京大学大学院経済学研究科教授)

ワーク・ライフ・バランスに企業の力を
 小峰隆夫 (法政大学大学院政策創造研究科教授)

未知への挑戦
 森田 朗 (国立社会保障・人口問題研究所所長/中央社会保険医療協議会会長)

地域発の経済成長の実現に向けて
 山田啓二 (全国知事会会長)

日本経済の再生に向けて
 舛添要一 (東京都知事)

地方に仕事の場を
 奥山恵美子 (仙台市長)

持続可能な社会経済の実現には、各レベルの労使対話が不可欠
 古賀伸明 (日本労働組合総連合会会長)

2020年東京大会成功に向けて榊原経団連と連携
 武藤敏郎 (東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会事務総長)

成長戦略としての女性活躍の推進を
 岩田喜美枝 (21世紀職業財団会長)

徳のあるリーダーに
 坂東眞理子 (昭和女子大学学長)

消費者とともに、持続可能な未来のための関係づくりを期待する
 古谷由紀子 (日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会常任顧問/サステナビリティ消費者会議代表)

ページ上部へ戻る

一般記事

女性の役員・管理職登用に関する自主行動計画の策定・掲載のお願い
 榊原定征 (経団連会長)

【提言】
イノベーション創出に向けて研究開発法人の機能強化を

http://www.keidanren.or.jp/policy/2014/067.html
 内山田竹志 (経団連副会長・産業技術委員長/トヨタ自動車会長)
 小野寺 正 (経団連産業技術委員会共同委員長/KDDI会長)

  • ナショナル・イノベーション・システムの改革
  • 研究開発法人の機能強化につながる取り組み
  • 研究開発法人に関する新たな取り組み

【提言】
地球規模の温暖化対策への貢献~日本産業界のさらなる挑戦

~経団連低炭素社会実行計画フェーズIIへの取り組みを開始
http://www.keidanren.or.jp/policy/2014/065.html
 木村 康 (経団連副会長・環境安全委員長/JXホールディングス会長)
 徳植桂治 (経団連環境安全委員会共同委員長/太平洋セメント会長)

  • 産業界のこれまでの取り組み
  • 産業界のさらなる挑戦
    ―フェーズIIに向けて
  • 低炭素社会実行計画推進のための環境整備

連載

  • 未来を創る企業力 (3) ~100年経営の真髄に迫る~
    社員が自ら思考し、行動し、切り拓く次のステージ。
    サンゲツ

    • それぞれの「G」に向かって社員一人ひとりが努力する
    • 素材メーカーとの連携でより画期的な商品を市場に
    • 伝承を伴う変革によってビジネスを新次元へと導く
  • 世界に羽ばたく人づくり (6)
    玉川学園におけるIBプログラムによる人材の育成に向けた取り組みと課題
    石塚清章(玉川学園理事)

    • 地球規模の視野と気概を持ち、世界で活躍する人材を育成
    • 玉川学園が実践するIBプログラムの特色
    • グローバル人材育成を担う教育機関としての課題
  • 農業の競争力強化と成長産業化に向けた経済界と農業界の連携・協力 (1)
    農業分野における住友化学の取り組み
    ~経済界・農業界の連携と先進農業のモデルづくり

    住友化学

    • 経済界・農業界の連携と先進農業の推進
    • サンライズ先端農業コンソーシアム
  • あの時、あの言葉
    地球に感謝
    上釜健宏(TDK社長)

  • エッセイ「時の調べ」
    ことばがもたらす「自由」と「権利」の認識
    今井むつみ(慶應義塾大学環境情報学部教授)

新会員紹介

「月刊 経団連」一覧はこちら