1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. パイプドビッツ

月刊 経団連 新会員紹介 パイプドビッツ

資本金 4億9,808万円
設立 2000年4月3日
従業員数 224名 (2014年8月末現在)
本社所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂2-9-11 オリックス赤坂2丁目ビル
事業内容 インターネット経由による情報資産管理および利活用を可能とするクラウド型プラットフォームサービスの提供
URL http://www.pi-pe.co.jp/

当社は、2000年に設立し、「情報資産の銀行」というビジョンを掲げている。金融資産を預かり、資産運用のお手伝いをする銀行のように、法人のお客様から情報資産を安全に預かり、有効活用いただく情報資産プラットフォーム事業の展開により、情報生活の質の向上に貢献してきた。

「情報資産の銀行」とは、あらゆる業種業態のお客様が安心して情報を預けられる安全な環境とビジネスに役立つソリューションを提供するとともに、ビジネスの現場で活躍するユーザーが生み出す付加価値のさらなる向上のために支援することであり、当社のプラットフォーム事業の目指すべき姿である。

主力事業である情報資産プラットフォームは、インターネットにアクセスできる環境があれば、アプリケーションソフトウエアのインストールやバージョンアップ、システムのメンテナンスを行うことなく、いつでも必要なサービスを利用することができる。一例としては、顧客情報や従業員情報などのさまざまな重要情報資産を当社データベース上で保全し、300以上の機能を備える当社のソフトウエアを利用することにより、メール配信やアンケートの自動集計なども可能である。

今後も当社は、企業が抱えるセキュリティー事故への不安や、技術者の不足、コスト負担等の問題を解決する「情報資産プラットフォーム」の普及拡大および新サービスの研究開発への注力により、多くの個人および事業者の情報生活を豊かにすることを目指す。

次世代ITサービスベンダーへと革新する「情報資産の銀行」


佐谷宣昭
パイプドビッツ 社長

当社は「情報資産の銀行」をビジョンに掲げるITサービスベンダーです。
情報の有効活用による生活サービスの向上が期待される一方で、情報セキュリティーへの不安の声が後を絶たない時代のなか、当社は創業以来、あらゆる業種、業態のお客様にクラウド型の情報資産プラットフォームを提供し、現在では国内の一万を超える事業者の皆様にご利用いただいております。
今後は、サービスや人材への積極的な投資を行いながら、クライアント事業者のみならず、地域、業界、社会の課題を解決する「次世代ITサービスベンダー」へと革新し、日本経済の発展に一層貢献してまいります。
経団連会員の皆様方には、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

「2015年2月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら