1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. ロゴスコーポレーション

月刊 経団連 新会員紹介 ロゴスコーポレーション

資本金 1億円
設立 1953年7月17日
従業員数 120名(2015年8月現在)
本社所在地 〒559-0025 大阪府大阪市住之江区平林南2-11-1
事業内容 アウトドア用品、アウトドアウエアなどの企画、販売、製造および付随業務
URL http://www.logos.ne.jp/

当社は、1928年に船舶用品問屋「大三商会」として大阪市港区で創業し、1953年に前身である大三商事を設立した。1957年に、国内初の合成繊維織物に塩ビコーティングした作業かっぱを開発し、1985年には、LOGOSブランドによるアウトドア用品の本格展開をスタートさせた。1997年に社名をロゴスコーポレーションと改称し、LOGOSブランドは今年で30周年を迎えた。

アウトドア用品は一般の方が使用するには敷居が高いというイメージのあった日本で、当社は誰もが気軽に足を踏み入れることができる範囲「水辺5mから標高800mまで」で愛用されることを、開発当初から一貫してブランドポリシーとしてきた。扉を開け、家から一歩外に出るとそこはアウトドアだ。屋外で家族や仲間と過ごす楽しい時間を演出するために、合理的な機能、使いやすさ、親しみやすいデザイン、手ごろな価格帯の4項目をクリアする商品開発を現在も心がけている。

当社のロゴマークであるメイプルリーフには「屋外と人をつなぐ第一ブランドでありたい」との願いが込められている。アウトドアという自然と人が共存する空間でしか得られない喜びを、もっともっと楽しんでもらいたい。そんな当社の思いがメイプルリーフの葉脈のように世界中に広がっていくことを望んでいる。

人と自然の間に位置する企業


柴田茂樹
ロゴスコーポレーション 社長

LOGOSブランドによるアウトドア用品の製造販売開始から30年が経過しました。当社のアウトドア用品は余暇活動を豊かにするだけでなく、防災備蓄品のように人々の日常、非日常の屋外活動にかかわっています。
豊かな国民生活の実現には「自然と共生する屋外活動」が重要な要素であり、人と人の絆やつながりを深めることにも貢献できると考えています。
人と自然の距離を縮めるために、便利でユニークなアウトドア用品の開発力が私たちの強みです。
今後はアウトドア用品専門メーカー初の経団連会員として日本経済発展のために活動してまいりたいと存じます。
皆様のご指導とご鞭撻を何とぞよろしくお願い申しあげます。

「2015年11月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら