1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. バイドゥ株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 バイドゥ株式会社

(PDF版はこちら
資本金 4億6,000万円
設立 2006年12月
従業員数 50名(2018年2月1日現在)
本社所在地 〒106-6139 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー39階
事業内容 インターネット製品・サービスの開発・提供、インターネット広告の販売
URL https://www.baidu.jp/

当社は、世界の検索サービス市場において第2位のシェアを有しており、米国NASDAQへ上場しているBaidu, Inc.(以下、百度/本社:中国北京市、会長兼CEO:Robin Li)初の海外ブランチとして2006年に設立された。設立以降、法人企業の中国でのマーケティング活動支援、インバウンド、越境EC(電子商取引)対策などをサポートすべく、中国語圏向けのリスティングおよびアドネットワーク広告などのインターネット広告商品を提供してきた。また、累計3000万ダウンロード(2018年2月時点)を誇る日本語入力&着せ替え顔文字キーボードアプリ「Simeji(シメジ)」や、音声に特化したボイスアプリ「LisPon(リスポン)」等、百度の先進的なAI技術を活用し、新機能などを随時提供している。

また、2015年5月より、ウェブメディア向けレコメンドエンジンやインターネット、スマートフォン広告を提供するpopIn(本社:東京都港区、代表取締役:程 涛)がグループに加わり、2017年にはBaidu Japanグループとしては初のハードウエア「popIn Aladdin(ポップイン アラジン)」を開発、今年2018年には量産販売開始予定だ。

百度のミッションである「テクノロジーで複雑な世界をもっとシンプルに」を掲げ、中国のAI技術を活用し、サービスを発展させることで中国と日本の懸け橋的存在としての使命を果たすとともに、日本の経済発展に寄与していきたい。

技術を活用し中国と日本の懸け橋として


張 成煥
バイドゥ 社長

当社は、中国百度の日本法人です。海外初のブランチとして設立してから、今年で12年目を迎えました。これもお客様やパートナー企業様をはじめとする皆様のご支援によるものと厚く御礼申しあげます。
AIに関する技術開発で世界に期待されている企業の日本法人として、中国と日本の懸け橋となり、両国の技術を融合させ、お客様にとって素晴らしい世界をつくり出せるよう尽力してまいります。
日本のマーケットに進出してまだまだ浅いですが、社員一丸となって日本経済の発展に貢献してまいります。
経団連会員の皆様には、何とぞご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

「2018年5月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら