1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. ジェイリース株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 ジェイリース株式会社

(PDF版はこちら
資本金 7億1,266万円
設立 2004年2月
従業員数 単体304名、グループ326名 (2018年3月31日現在)
本社所在地 〈大分本社〉〒870-0034 大分県大分市都町1-3-19 大分中央ビル7階
〈東京本社〉〒163-1108 東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー8階
事業内容 家賃債務保証事業
URL https://www.j-lease.jp/

当社は不動産賃貸借契約における、入居者・オーナー・不動産会社の3者間を円滑につなぐ家賃債務保証会社として、2004年2月に大分県で設立した。ジェイリースの「ジェイ」はJOINTのJ、「リース」は賃貸(リーシング)を由来としている。

2000年代前半の賃貸不動産業界は、少子高齢化、定住外国人の増加、無縁社会の蔓延により、家を借りたいが連帯保証人がいない、もしくは保証を頼みたくないといった入居希望者が増えたため、賃貸住宅の空室率が上がり、社会的な問題となっていた。そうした問題を解決するための「機関保証会社」として当社は設立した。

設立当初は九州を中心に業務を行っていたが、2011年に東京に進出、その後各地の主要都市に出店し、全国25拠点で営業している(2018年7月現在)。今後も店舗展開を加速させ、2020年度までには全国に40拠点を構え、各地域における「きめ細かなご用聞き営業」の展開を目標としている。

同時に、生活全体をサポートする保証も積極的に行っており、高齢者や障がい者への駆けつけサービス・見守りサービスなど福祉関連サービスの提供や、多言語コールセンターの設置など外国人向けのサービスにも力を入れている。

CSR(企業の社会的責任)活動としては、大分県をホームタウンとするプロサッカーチーム・大分トリニータ(現J2)ならびにトリニータレディースのユニフォームスポンサーとして、大分県のスポーツ文化振興に貢献する活動に取り組んでいる。

また、ヘルスケアルームでの社員施術や社員の体調管理などを担う視覚障がい者を多く雇用している。会社の理念は「地域貢献と、健常者・障がい者の共生社会の実現」であり、今後も障がい者雇用を積極的に推進していく。

生活サポートの総合商社として


中島 拓
ジェイリース 社長

ジェイリースは、2004年2月に九州各地の青年会議所(JC)OB数十人を中心として設立した会社です。
当時は賃貸住宅に入居する際に保証人を付けることが厳しくなっており、われわれは「住居というライフラインにかかわる仕事を通して社会に貢献したい」という思いで、家賃保証のジェイリースを立ち上げました。
当社は設立14年目にして、おかげさまで東京証券取引所市場第一部に上場いたしました。このうえは、生活サポートの総合商社として一層の企業努力を重ね、より多くの方々にご愛顧いただける企業を目指してまいります。
皆様におかれましては、何とぞご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申しあげます。

「2018年9月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら