1. トップ
  2. Action(活動)
  3. 週刊 経団連タイムス
  4. 連載
  5. 21世紀政策研究所 解説シリーズ

Action(活動) 週刊 経団連タイムス 連載 21世紀政策研究所 解説シリーズ

(2017年7月27日~掲載中)

米国

  1. トランプ税制改革の動向<上>
    • 米国税制改正の手順
    • その後の展開
    • 抜本改革の方向性
      1. (1)キャンプ提案および下院共和党案
      2. (2)トランプ税制改革案
  2. トランプ税制改革の動向<下>
    • 国境税調整
      1. (1)なぜ関心を呼ぶのか
      2. (2)制度の概要
      3. (3)税制としてのメリット・デメリット
      4. (4)国際ルールとの抵触
    • 利子控除制限
  3. ロシアゲート疑惑で揺れるアメリカ政治<上>「疑惑」の本質
    • 3つの疑惑
    • ロシアゲート疑惑の本質
  4. ロシアゲート疑惑で揺れるアメリカ政治<下>「弾劾」の可能性
    • 弾劾までの流れ
    • 2つの疑惑解明ルート
    • カギを握るトランプ支持層
  5. 米国政治の最新情勢
    • 揺れ続けるホワイトハウスの布陣
    • 困難を極める内政課題
    • 外交政策の課題
  6. トランプ政権下の米中関係と北朝鮮問題
    • トランプ政権の北朝鮮問題へのアプローチ
    • トランプ政権の対中政策
  7. オバマケア代替案の失敗の背景
    • オバマケア代替案
    • オバマケア代替案がまとまらなかった理由
  8. 米国税制改革の行方
    • 税制改革の困難さ
    • 民主党の懐柔策と今後

EU

  1. 欧州情勢とBrexit交渉の現状
    • EUのあり方を問う加盟国の政治イベント
    • EU市民の権利と法的な課題
    • Brexit交渉の難しさ
  2. 日EU EPA大枠合意と各国内の反応
    • 高いレベルの市場アクセスを相互に保証
    • EUは鉄道物品の調達、農産加工品の市場アクセス改善に焦点
    • 日本の農産品輸出にもメリット
    • ルール形成にも包括性
  3. 仏マクロン政権の現状評価と政策の方向性<上> ―支持率急降下
    • マクロン・ブームの沈静化
      1. (1)相次ぐ閣僚の辞任
      2. (2)歳出削減
      3. (3)「俺がボスだ」
  4. 仏マクロン政権の現状評価と政策の方向性<下> ―今後のEUとフランス
    • マクロンのEU改革提案
    • 「新エリゼ条約」
  5. ドイツ連邦議会選挙の結果とメルケル政権の今後
    • 2大国民政党の衰退とAfDの躍進
    • ポピュリズムの影響が顕在化
    • 「ジャマイカ連立」の行方
  6. Brexitに向かう英国とEUの経済情勢
    • 明るさ増すユーロ圏、減速しつつも底堅さ保つ英国
    • 離脱の道筋に影響を受ける18年以降の英国経済
  7. EUの移民・難民問題とポピュリズム
    • 2015年の「難民危機」
    • 東西の分断
    • ポピュリズムに直面するEUの苦悩
  8. EイギリスとEUは合意できるか
    • もう一つのイギリス
    • もう一つのEU
    • 交渉の今後

エネルギー・温暖化対策

「連載」一覧はこちら